医療法人永世会は佐賀県で患者様にやさしい、開かれた生殖医療をご提供いたします。

開院からを振り返って
%e9%96%8b%e9%99%a2%e3%81%8b%e3%82%89%e3%82%92%e6%8c%af%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%81%a3%e3%81%a6

お知らせ
news

ブログ
blog

月別 アーカイブ: 2019年12月

開院からを振り返って

12月に入り、早いもので1週間が過ぎました。自分が最も早く出勤することが多く、寒いと思いながらエアコンのスイッチを入れています。

婦人科開設から1年4ヶ月になりました。この12月で当院で妊娠された方が100名を越えました。当初は一般不妊治療で妊娠される方が多かったのですが、最近では凍結融解胚移植の治療周期数が増えてきたため、体外受精・顕微授精の高度生殖補助医療で妊娠される方が増えてきています。

一般不妊治療で妊娠された方の最高年齢は42歳、高度生殖補助医療でも42歳です。最高年齢は同じですが、治療周期数あたりの妊娠率は高度生殖補助医療の方が高くなっています。

治療成績をみると、やはり年齢がもっとも重要であることがわかります。当院の融解胚移植での移植あたりの妊娠率を年齢別にみると、34歳未満の方が56.7%、35歳から39歳の方が33.3%、40歳から42歳の方が31.6%となっています。全年齢では41.3%です。この結果は、日本産科婦人科学会が毎年まとめている統計と同様の傾向であり、35歳以上では高度生殖補助医療を行っても妊娠率は低下していきます。

また、反復流産いわゆる不育症で受診される方も多くいらっしゃいます。当院では不育症のスクリーニング検査を行っており、その結果に応じた治療を行っています。不育症の方で妊娠継続でき、当院を卒業した方も数名いらっしゃいます。

開院した当初は、なぜ佐賀県の武雄市で?と思われた方も多かったことと思います。自分の出身地だからということもありますが、これまで武雄周辺の方は福岡まで治療を受けに行かれている方が多いと耳にしていました。近くで高度生殖補助医療までの医療を提供することで、地域に微力ながら貢献したいと思っています。

これからも、谷口眼科婦人科をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

PAGETOP

〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町大字武雄385-2
TEL 0954-23-3170

午前
午後

午前 9:00~12:00/午後 14:00~17:30
【休診日】土曜午後、日曜、祝日
▲… 水曜午後は手術、検査
(子宮卵管造影、子宮鏡)