医療法人永世会は佐賀県で患者様にやさしい、開かれた生殖医療をご提供いたします。

30年後の生殖医療
30%e5%b9%b4%e5%be%8c%e3%81%ae%e7%94%9f%e6%ae%96%e5%8c%bb%e7%99%82

お知らせ
news

ブログ
blog

ブログ一覧

30年後の生殖医療

少し前のことになりますが、9月8日に東京で開催された「第18回生殖バイオロジー東京シンポジウム」に参加してきました。昨年から会場は東京ガーデンテラス紀尾井町です。

長崎大学病院に勤務していた頃からこの会には毎年継続して参加しています。

日頃の診療は臨床が中心となりますが、生殖医療の技術面だけを追求するのはなく、まだ解明されていないことを含めバイオロジーの本質を学ぶことの大切さを提唱されている鈴木秋悦先生が創設された会です。

難しい内容が多いのですが、居眠りをなるべくしないように頑張って聴いています。

今回の中でおもしろかったのは、IVF JAPAN CEOの森本先生が講演された30年後の生殖医療についてでした。15年前と今の生殖医療は全く違うことになっているので、30年後は今問題になっていることで進歩していることが多いのではないかと思います。PGT-A、iPS、ゲノム編集、AI、自動化等です。日本でトップレベルの方がおもしろそうに30年後の未来を想像する。非常にワクワクします。

最後の講演までききたかったのですが、東京には台風が接近していて、飛行機が飛ばないかもしれないとの予報でしたので、残念ながら1時間早く会場を後にして空港へ向かいました。勤務医のときと違い、自分がいないと診療できないので、責任感の重さを実感する機会になりました。

おかげさまで

最近、一日が終わるのが早いとは思っていましたが、気がつけば明日で婦人科開設から1年になります。

よいスタッフに支えられて、自分が理想とする生殖医療チームを日々目指しています。

最初は培養士は一人からスタートしたのですが、現在は三人体制となり日々成長していく様子を頼もしく思っています。そのおかげで、対応できる症例数が増えました。当院は予約制を採用していますので、少しでもみなさまの待ち時間が少なくなるように努めていきたいと思います。

かたい話はさておき、やはり節目は大切です。少しフライングでしたが、婦人科開設一周年をお祝いしました。

これからも、谷口眼科婦人科をどうぞよろしくお願い致します。

久しぶりに見ると

廊下を歩きながら、ふと窓ぎわを眺めると眼科のアイドル「アデニウム ハイブリッド オクトパスが目にとまりました。

なんと、可愛らしい小さな葉っぱが、しかもたくさんついていました。

寒い時期からずっと婦人科にいるので、このまま婦人科で育てたいとひそかに思っています。

また同じ場所で

先週は5月25日(土)を休診させて頂いて、広島で開催された第60回日本卵子学会学術集会に参加してきました。

1月は日本臨床エンブリオロジスト学会で広島にきましたが、いつも広島で開催されているわけではありません。

今回は新人培養士2名と一緒です。

3会場に分かれて行われるので、事前に抄録集に目を通しておき、自分が興味がある内容を勉強することができます。興味深い内容が多かったのですが、ひとつあげるとすれば、他施設で行っている子宮内フローラ検査の状況についての発表でした。その施設では不妊症のスクリーニング検査としてすべての患者さんを対象と行っているそうです。当院では胚移植の反復不成功の方などを対象としています。

また、学会では懇親会等で他施設の方と交流することができます。年に数回お会いする方も多く、今回は1年前に同学会でお会いした方とまたお話する機会がありました。横のつながりは非常に大切だと思っています。

この学会の開催中に「生殖補助医療胚培養士」の試験の合格発表が掲示されます。新人二人も数年後には受けるのですが、今年の合格率が63%なのをみて微妙な表情をしていました。きっと、より勉強する気になってくれたことと思います。

日曜の夕方までしっかり勉強した後は、広島名物を食べて帰路につきました。

 

 

 

新しいスタッフを迎えました

当院は4月から新しいスタッフを迎えました。

高度生殖補助医療には欠かせない胚培養士で、遠方から来てくれました。

なんと、農学部の大学院卒の方で畜産分野での研究をしていた専門家です。

早く当院に馴染んでくれるようと歓迎会を行いました。

若いスタッフが大好きな焼き肉だったためか、すばらしい出席率でした。

みなさまによりよい生殖医療が提供できますように、チーム力をさらに高めていこうと思います。

武雄のどのあたり?

婦人科を開設して早いもので7ヶ月が経ちました。

講演会等で長崎の先生方との話の中で「武雄のどのあたりでやっているの?」と質問されることがあります。

いろいろな表現があるとは思うのですが、武雄に詳しくない方にわかりやすく説明しようとするとなかなか難しいものです。

「あのライトアップイベントをやっている御船山の近くですよ」

「武雄から有田に向かう国道沿いですよ」

などの表現をよく使うのですが、とある佐世保の先生との会話では、

「ときどき武雄に焼きそばとフレンチを食べに行くんだけど」

「先生、実はそのちょうど間ぐらいでやっています。。。」

 

ちなみに今日は休日なのですが、朝から受精卵チェックに出勤して、凍結する時間はお昼を過ぎそうです。

てくてくと歩いて向かった先は、

焼きそば屋さんでした。

ちなみにこれは大盛りです。

 

 

嬉しい知らせ

長崎大学医学部保健学科からの少し厚みのある封書が届きました。

大学院(修士助産師養成コース)の修士論文の公開審査に無事に通ったとの知らせでした。

それは、私が長崎大学病院に在職中に保健学科の先生から相談を受けたことがきっかけでした。

助産師養成コースの大学院生が論文のテーマを不妊治療を受けている人を対象としたものにしたいと。

これまでは妊婦さんをテーマとした内容が主であり、そのような前例はなかったそうです。しかし、本人の意思がかたいのでどうにかならないものかということでした。

その結果、「高度生殖補助医療を受けた患者のQOLに影響する要因」について見事な修士論文を書き上げるに至ったそうです。

内容を読ませて頂きましたが、客観的な尺度を用いて評価されており、自分が担当していた患者さん方の治療に対する満足度等を知ることができる興味深いものでした。

また将来において、不妊症看護に関する専門的な看護ケアを提供する、不妊症看護認定看護師の取得をしたいとの希望も書かれていました。

今回のようなことをきっかけとして、将来生殖医療の分野で活躍したいと願う看護師が増えることを切に望みます。

 

元気になりました

最近は冬の寒さも緩み、日中は暖かい日が増えてきました。

朝出勤すると、スタッフたちが何やら嬉しそうです。

元気がないからと眼科から預かっていた「アデニウム ハイブリット オクトパス」がピンク色のかわいらしい小さな花を咲かせていました。

昼間は婦人科の二階の日当たりのよい窓ぎわで日向ぼっこをしています。

みなさまも機会があれば、ぜひご覧になって下さい。

電車にゆられて

先週末は電車に電車にゆられてふらり旅。

ではなく、岐阜で開催された、第9回 日本がん・生殖医療学会に参加してきました。

がん・生殖医療ってなんだろう?と思われる方も多いのではないかと思います。

近年、がんに対する治療は進歩しており、がんが治る方が多くいらっしゃいます。

そういった方々をがんサバイバーというのですが、がんサバイバーの方の生活の質を考えることをがんサバイバーシップといい、その中のひとつにがんを克服しての妊娠・出産があります。

しかし、化学療法、いわゆる抗がん剤治療をすると、その種類や投与量にもよるのですが、卵子の数が減少し卵巣の機能が低下します。そのため、抗がん剤治療の前に卵子あるいは受精卵を凍結保存しておき、がんに対する治療の後に妊娠をめざすことをがん・生殖医療といいます。

対象となるのは、女性では乳がん、白血病などの血液がん、がんではないのですがSLEなどの膠原病などさまざまな診療科の領域にわたります。男性では、精巣腫瘍などになります。

以前の職場である長崎大学病院では、女性に対するものは行っていました。しかし、どの施設でも行えるものではなく、施設認定が必要になります。現在、当院でも倫理委員会を設置し施設認定の取得を目指しています。

今回の学会では、産婦人科医だけではなく、乳腺外科医、泌尿器科医、血液内科医、小児科医などさまざまな診療科の医師が参加しており、それぞれの立場での意見を聞くことができました。

また、各地域での取り組みを知ることでき、がん・生殖医療に対する助成金を設置している県が5つあること、日本全体の現状を把握するためにがん・生殖医療の登録制度を目指していることなどを学ぶことができました。

今後、佐賀県でのがん・生殖医療に微力ながら貢献できるように尽力したいと思っています。

 

これは、お約束の「飛騨牛ハンバーク」です。

ワインと一緒に美味しく頂きました。

 

 

胚培養士の育成

2019年1月13日(日)に広島で開催された「第24回日本臨床エンブリオロジスト学会」に参加してきました。

エンブリオロジストとは胚培養士のことで、精子、卵子、そして受精卵などの管理を専門とする生殖医療の分野ではかかせない存在です。

今回は、胚培養士を目指す新人スタッフと一緒に勉強に行きました。はじめての学会で緊張しているようでしたが、最新の生殖医療を提供するには常に知識のアップデートをしていくことは欠かせません。

また、その他の生殖医療専門施設の培養士の方と情報交換を行えたりと有意義な時間を過ごすことができました。

もちろん医療ばかりではなく、広島の名物についても勉強してきました。

何事にもメリハリは大切ですね。

PAGETOP

〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町大字武雄385-2
TEL 0954-23-3170

午前
午後

午前 9:00~12:00/午後 14:00~17:30
【休診日】土曜午後、日曜、祝日
▲… 水曜午後は手術、検査
(子宮卵管造影、子宮鏡)